手術を受けた患者さまの声

vol.1
Q1 前立腺肥大症の治療を受ける事になった経緯お聞かせ下さい。

A1

2014年の12月に、年末ということもあり会食をしていた時のことです。たくさんお酒を飲んで家路につき、翌日になると突然の腹痛に襲われました。
最初は食あたりによる腹痛だと思いました。それで自宅近くの総合病院で診察を受ける事になり、色々な検査を受けた結果、尿閉で膀胱が圧迫されて急激な腹痛を引き起こ した事が判りました。
Q2 今までにおしっこが出にくいと感じて病院で診察を受けたことはありましたか?

A2

確かに年齢と共におしっこの勢いが弱くなったり量が少なくなった、と感じたことはありました。ただ、病気とは思いませんでした。
「加齢によるものかな」くらいにしか思いませんでした。がん検診や健康診断などは定期的に受けていますが、特に医師との面談でもおしっこがしにくい事は気にも留めていませんでしたのでこちらから相談することはありませんでした。
Q3 自宅近くでの総合病院で前立腺肥大症と診断を受けた後、
どのような治療を受けましたか?

A3

尿道にカテーテルを入れて、膀胱に溜まったおしっこを出しました。すると、あれだけ痛かったお腹の痛みが消えました。それで、治療を希望したところ投薬治療が始まりました。
Q4 手術を受けることになった経緯をお聞かせください。

A4

2種類のお薬を飲んでいましたが、お腹に力を入れないとおしっこが出にくく、お薬を飲んでも夜間頻尿で夜中に目を覚ます回数が2回から1回に減るだけでしたので、せっかくなら手術を受けて、楽におしっこができる様になりたいと思いました。
Q5 前立腺肥大症レーザー手術の存在は、どのようにお知りになったのでしょうか?

A5

自宅近くの総合病院で手術の希望を伝えると、患者数が多く手術日程がかなり先になる事を伝えられたので、「早く楽になりたい」「せっかくなので前立腺肥大症手術で有名な医師に手術して欲しい」との思いから、自ら、前立腺肥大症手術で有名な病院を探して診察を受ける事となり、その病院で行っている前立腺肥大症レーザー手術の説明を受けたので、その治療を受ける事になりました。
Q6 実際に前立腺肥大症レーザー手術を受けた感想をお聞かせください。

A6

手術自体は麻酔をかけて行われるので、別段痛みなどは感じませんでした。
意識がはっきりした時には病院のリカバリールームのベッドにいました。早朝に手術をして、その日の夕方には退院をしました。尿道にカテーテルを入れた状態で退院をして、数日後の通院時にカテーテルを抜きました。
まったく血尿などは無く、尿にまじってカスのようなものが出てきました。
Q7 術後の経過はいかがでしたか?

A7

手術前と比べて、手術直後はおしっこの出が特段よくなった感じはしなかったのが正直な感想です。
ただ、日を追うごとに段々と、おしっこをし終わった後の爽快感やトイレに行く回数や急におしっこをしたくなる事が少なくなり、今では全く無くなりました。前立腺肥大症と診断される以前から、おしっこが出にくいと感じた時と比べると、今はすごく楽なので、「もっと早く病院に行って手術してもらっていたら」と思います。
Q8 術後の導尿カテーテルを外した後、自発でおしっこを出す際に違和感などはありませんでしたか?

A8

手術後に痛みやムズムズ感などは、特段感じませんでした。
ただ、手術した後におしっこに小さいカスの様なものが混じって出てきたりしたので、「なんだろう」と感じたことはありました。ただ、手術後の通院時に 手術して頂いた先生から、手術後はカスの様な組織が出てくるけど時間が経てば落ち着くと説明を受け、 気にしないでいたら、いつの間にかおしっこにカスが混じる事は無くなっていました。
Q9 手術を受けて、生活の質は向上しましたか?

A9

私は週末に家族とドライブに行ったり、旅行に行ったりするのですが、高速道路を使う事が多いので、前もってパーキングエリアを調べたり、パーキングエリアでトイレに行っても30分後には、また尿意を催すので、常に頭の中にトイレのことがあり、集中しにくかったり楽しめない事がありましたが、今はそのようなストレスが無くなったので、安心して旅行やドライブに行くことが出来ます。
家族からも、今までは「お父さん、トイレ長いよね」とか「しょっちゅう、トイレばかり行くね」等と言われたりしましたが、今ではそんな事も言われなくなりました(笑)。
Q10 前立腺肥大症の治療で、お薬を飲み続けるよりも手術を選んだことについてはどうでしょうか。

A10

診断を受けてから手術を受けるまでの数ヶ月間、薬を飲んで症状を抑える事をしていました。薬は、2種類で1日2回の服用でした。
確かに、何もしないよりは薬を飲んだ方が症状は軽減されましたが、私の場合は夜間にトイレに行きたくて起きた回数が、2回が1回になったぐらいで、根本的な解決にはならない、と感じたので手術を希望しました。手術後は、薬を飲まなくてもよくなりました。
Q11 現在、前立腺肥大症と思われる患者さんはたくさんいますが、実際に病院で診察を受けている患者様は少数です。そのような患者さんに向けて伝えたいことはありますか。

A11

年齢を重ねるにつれて、おしっこががしにくくなったと感じる事が多いと思います。
「年齢的に仕方ないか」と思う前に一度、病院で診察を受けて治療をしてもらうことをおすすめします。おしっこが楽になるだけ で、こんなにストレスが無くなるのか、と感じることが多々あります。いきまずにおしっこが出来る、頻繁に尿意をもよおしたり、急におしっこがしたくなる、おしっこの時間が長い、おしっこをした後の残尿感、など一日に費やすトイレの時間や、トイレに関するストレスは厄介なので、そのストレスから解放されると、本当に楽になると思います。
vol.2
Q1 前立腺肥大症を自覚したのは、いつ頃でしたでしょうか?

A1

60代の年齢になってから、仕事の打ち合わせ最中に突然トイレに行きたくなる事が増えました。実際に病気として困ったことはありませんでしたが、トイレの為に仕事を中断したり、夜間にトイレで目覚めることにより寝不足気味になったりするので、泌尿器科のクリニックに通うようになりました。
Q2 前立腺肥大症の手術を受けられた経緯を教えてください。

A2

当初は、最初に診察して頂いた泌尿器科のクリニックで、前立腺肥大症用のお薬を処方して頂き服用していました。約1年ほど処方された2種類のお薬を毎日飲んでいましたが、私は50才台に虚血性心疾患を罹患し冠動脈ステントを留置しましたので、抗血小板薬など4種類のお薬を既に服用していましたので、これ以上毎日飲むお薬が増える事は避けたいと思うようになりました。お薬の種類や量が増えることで、飲み忘れの危険性もありますし、お薬の効果をあまり実感しなかったので手術を受けたいと思うようになりました。
Q3 手術を受ける病院は、クリニックからご紹介されたのでしょうか?

A3

いいえ、自身で探しました。クリニックで手術の希望をお伝えすると、従来の前立腺肥大症手術の危険性等を教えて頂きました。何か、安全で有効性の高い手術は無いか、とインターネット等で探しました。海外では、前立腺肥大症手術は日帰り手術として行われている事が分かりましたので、日本でも日帰り手術ができる施設が無いかどうか調べましたら、該当する施設が見つかりましたので診察を受けに行きました。
Q4 実際に診察を受けていかがでしたか?

A4

まず、驚いたのが外来患者の多さでした。患者様の話し声などを聞いていると全国津々浦々から診察を受けに来られている患者さんがいることで、「全国的に有名な病院なんだな」と安心感がありました。実際に診察を受けて、手術希望である旨お伝えして、最新のレーザー手術装置で手術を行う事になりました。
Q5 実際に手術を受けて、術後に痛みや違和感などはありましたか?

A5

いいえ。全くありませんでした。私は抗血小板薬等を服用していますが、術前の説明で、麻酔科医が手術中の循環管理を行うということを聞いていましたので不安もありませんでした。手術中は麻酔が効いていますので痛みはありませんし、手術後も痛みはありませんでした。手術後3日で導尿カテーテルを抜去しましたが、特に違和感もありません でしたね。
Q6 導尿カテーテルを抜いた後、自発排尿時に何か気になった事はありましたか?

A6

たまに、カスの様なものがおしっこに混じって出てきたことがあり、少し心配になりましたが、執刀された先生から、カスの様なものが混じる事は聞いていましたので、あまり気には留めなかったです。血尿などもありませんでした。
Q7 手術をする前と比較して、改善したとの実感はありましたか?

A7

それは、もう全く違いますね。おしっこの勢いも凄く良いですし、残尿感の無い爽快さやトイレに行く回数なども 手術前と全く違います。同年代の友達にもよく言いますが、「私のおしっこは少年の様だ」と思います。こんなにトイレを意識しないで日常生活を送れることが楽だとは思いませんでした。
Q8 具体的に日常生活がどのように変わったかを教えてください。

A8

仕事では、打ち合わせ中や事務作業中にトイレに行く事で中断してしまうことが本当に少なくなりました。それから、夜間にトイレに行きたくて目覚めることが無くなりましたので、熟睡できているという実感があります。朝の目覚めが全然違いますね。日常生活を送る上でも、旅行や趣味などに興じる上でも、トイレを意識しないので没頭できるようになりました。
Q9 この結果に際し、ご家族は何か仰ってますか?

A9

妻からも、トイレに行く回数が少なくなったね、等言われます。家族などの周囲の方達から見ても分かるくらい、改善したのだと思います。
Q10 これから前立腺肥大症の治療を受けようか迷っている方達にアドバイスをお願いします。

A10

現在、仕事をされている方や趣味を楽しんでいる方など様々だと思いますが、トイレの回数が増えたり、寝不足になることは、生活を送る上での足枷・負担になると思います。
私は60代で手術を受け、元気に仕事や趣味を楽しめています。単に老化による衰えと思わずに、自覚症状があるのでしたら1日も早く治療を受けた方が楽になると思いますし、日常生活も充実すると思います。
人生を楽しむ為の利便性を良くする為にも、なるべく早い段階で治療を受けた方がいいと思います。足枷・負担が無くなることで、トイレを気にせず、「外に出てみよう」「何かに挑戦してみよう」など前向きな気持ちになれます。体が健康になると気持ちも前向きになれると思います。
vol.3
Q1 前立腺肥大症の治療を受ける事になった経緯をお聞かせ下さい。

A1

60歳を前にして徐々にトイレに行く回数が増えてきました。特に飲み会では頻繁に席を外さざるを得ず、夜間には何回も起きなければならないことになってしまい不便な生活となってしまいました。また、次第に残尿感も大きくなってきました。
Q2 今までにおしっこが出にくいと感じて病院で診察を受けたことはありましたか?

A2

生活に不便を感じるようになり、生活習慣病(高血圧その他)でかかりつけであった病院で診てもらいました。
Q3 自宅近くでの病院で前立腺肥大症と診断を受けた後、どのような治療を受けましたか?

A3

中程度の肥大と診断され、2種類の薬を服用するよう指示されました。その際、手術するという考えはありませんでした。
Q4 手術を受けることになった経緯をお聞かせください。

A4

しばらく薬の服用を続けましたが、残念ながら症状が改善していると実感できるまでには至りませんでした。これまで服用してきた何種類もの生活習慣病の薬に加え、前立腺肥大の薬も服用することによって体への負担が増えるのではないかと疑問に感じるようになり、手術による完治を望むようになりました。
Q5 当院での前立腺肥大症レーザー手術の存在はどのようにお知りになったのでしょうか?

A5

最初はインターネットで検索して知りました。その情報をもとにこれまで診察していただいていた泌尿器科の先生の意見をきいてみたところ、レーザー手術を希望するのであれば加藤忍先生がその第一人者で、大学から医師が研修に訪れるほどでもあると推薦していただきました。
Q6 実際に前立腺肥大症レーザー手術を受けた感想をお聞かせください。

A6

日帰りで手術をしていただけたこと、手術時間が1時間強と短かったこと、まったく痛みを感じなかったこと、カテーテルには不便を感じましたがわずか3日で外せたこと等々身体的にも精神的にも大変負担の少ない手術と感じました。以前他の病院で手術した知人は確か10日間くらい入院したように記憶していますが、それに比べても随分楽になっていると感じています。
Q7 術後の経過はいかがでしたか?

A7

とても良好です。排尿はとてもスムーズで残尿感もありません。トイレの回数は若い時と同じくらいに少なくなり、夜間も1回起きるかどうかです。正直なところ尿漏れの心配もしましたが無用でした。
Q8 術後のカテーテルを外した後、自分でおしっこを出す際に違和感などはありませんでしたか?

A8

特に違和感はありませんでした。外した後の最初の排尿はおそるおそるでしたが問題ありませんでした。念のため1~2日ほど紙おむつをしていましたが杞憂に終わりました。
Q9 手術を受けて、生活の質は向上しましたか?

A9

明らかに向上しました。トイレ回数が少なくなり、飲み会も心置きなく楽しむことができるようになりましたし、夜間に起きることもほとんどなくなりゆっくり休めるようになりました。常にあった残尿感もなくなり、排尿に関する悩みからすっかり解放された感じです。
Q10 前立腺肥大症の治療で、お薬を飲み続けるよりも手術を選んだことについてはどうでしょうか。

A10

現役時代の不摂生がたたり多くの生活習慣病薬を服用する羽目になりましたが、それに加えて前立腺肥大の薬をも服用することには強い抵抗がありました。当初はそれもやむを得ないのかなと考えましたが、レーザー手術のことを知ってから考えが一変しました。薬を飲み続けてもなかなか改善がみられない中で、手術による完治を目指したことに間違いはなかったと確信しています。
Q11 現在、前立腺肥大症と思われる患者さんはたくさんいますが、実際に病院で診察を受けている患者さんは少数です。そのような患者さんに向けて伝えたいことはありますか。

A11

前立腺肥大による頻尿や残尿感等の煩わしさは明らかに生活の質を低下させていると思います。薬を飲んでも改善しない場合が多々あるとも聞いていますし、放っておけば少しずつ進んでいく可能性が高いようです。少しでも違和感があったら専門医に診察してもらうことが大切と思います。そして、完治を目指して手術を選択する場合は、レーザー手術という以前に比べて格段に進歩した治療によって様々な面で負担が少なくなっており、安心して治療を受けることができるようになっていることを知っておくと良いと思います。
ページの先頭へ